2012年01月23日

FXの取引スタイル

FXの取引スタイル


FXは株式投資のように営業時間の制限ありません。
マーケットが休みの時間を除き、24時間いつでも取引できます。


サラリーマンのように平日の日中は職に就いている方であれば、
仕事から帰宅後であっても、タイムリーな為替レートでFXの取引が可能です。


しかしながら、為替レートが24時間常に変化し続けるということは、
就寝中や仕事の時間中に、為替レートの思わぬ上下が起こりえるリスクを孕んでいます。


FXはメリットもデメリットもありますが、
実際、投資家はどういった時にトレードしているのでしょうか。


FXでは、
自分のペースにあわせて自由に取引をすることが可能です。


自ら取引を行うタイミングを決め、
自分流のスタイルを決めて取引を行う必要があると言えるでしょう。


一見厳しいようにも思えるかもしれませんが、
24時間いつでもできる取引ということは、


自分のライフスタイルに合わせてトレード時間が決められるので、
他の投資と比較しても非常に柔軟な投資商品であり、


投資家にとっては大きなメリットのいある取引と言えるでしょう。
そこには当然デメリットもありますが。。


FXのスタイルは、
大きく3種類に分類されます。

スワップ派
スワップ金利による金利差収益を狙っていく


デイトレ派
為替レートの変動を狙い、細かく売買を繰り返す


スイング派
好きなときに売買し、為替差益を狙う


FXの取引スタイルを決めれば、
儲けるために必要なことが見えてきます。

FXの初心者は、
まず自分の投資家スタイルを決める必要があります。


FXでは自分にあった取引方法や投資期間、資金を考えておかないと、
最終的にはマーケットからの撤退を命じられるからです。。


FX取引をスタートするに当たり、
儲けることが第一目的であるが、実際、儲からない方法や取引をする投資家が多いと言われています。


FXの儲からないパターンや思考方法を学ぶことで、
儲かるFXのトレード手法を作り上げていくことをおすすめします。。



posted by 東京都民 at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。